令和2年度 前期技能検定中止

令和2年度の技能検定が中止となりました。。。
今の現状を考えると、必然かもしれませんが、少しビックリしたのと、残念な気持ちです。

当然のことながら、安全第一(健康第一)ですので、中止の判断をしたことは正しいです。
ただ残念な気持ちというのは、練習を行ってきた人達の努力が少し泡となって、消えるような気がして…。
頑張った努力は必ず生きてきますが、1年後まで伸びるとまた1からやりなおしになります…。
しかし、今は  命が大事 です。
終息したら、とびきりの成果をだしましょう!

あともうひとつ、複雑な気持ちなのは高校生の検定です。
コロナの影響で、来年の就職はどうなるか想像もつきませんが、技能検定を取得することで、少しは優位になると思っています。
資格状況などをコロナ前などと比べられると、不利な気がしてなりません。
今の現状を加味して、評価などをしてくれればよいのですが…。

しかし、本当にすごい時代です。
去年まではまったく想像していなかったことが、次々と起こっています。
早く終息してくれることを切に願うのと、これからの世代の方に不利にならないような時代になってくれることを祈ります。

*受験手数料は、後日振り込みで返還してくれるそうです。
受験申請書も返還されます。

ピンチをチャンスに・・・

技能検定が中止になり、ガクッと力が抜けているかたもいるかもしれません。
しかし、この機会をチャンスに思い、違う資格に目を向けてはどうでしょうか?
コロナの影響で、近々の試験は中止になるかもしれません。
しかし、私は『やまない雨はない』と思うタイプなので、必ず終息すると思ってます。
そのときに、たくさんの資格が得られるよう、今勉強しましょう!

例えば、大手・中堅の会社なら絶対に何人かは必要な資格、衛生管理者やエネルギー管理者などはどうでしょう?
確かに難しいですが、絶対に合格できない合格率ではありません。
・衛生管理者(1種:44.2%、2種:52.4%)
・エネルギー管理者(熱:31%、電気23.3%)

身近なものであれば、危険物取扱責任者やガス溶接作業主任者などはどうでしょうか?
・危険物取扱責任者(甲種:33%、乙4:31%、丙種:49%)
・ガス溶接作業主任者(85%)

その他、QC検定や自主保全士検定・TOEICなどおススメします。

今できないからこそ、今できることをしてみましょう。
またいつもの日常に戻れば、忙しくなりなかなか時間がとれないかもしれません。
ピンチをチャンスに変えて、頑張りましょう!!

コメント